留学保険は絶対に加入しておくべき。

海外留学は今や、若い人だけでなく、中高年の人たちも多く、
中にはご夫婦で留学というケースがあります。
私の知り合いに、ご夫婦でタイに留学している方がいます。
私より年は上ですから、ご主人は今年60歳になられ、奥さんは56歳です。
ご主人の定年退職を機に、退職金を使い、タイに、タイ語と仏教を学ぶに
留学されたのです。
当初、思い切ったことをするものだと驚きました。
勉強は順調で、毎日が充実しているとのことなので、それはいいことですが、
病気になったらどうするのかが問題でしょう?と私が言いましたら、
留学保険に入っているからそれですべて賄えるのだそうです。
先だっても、ご主人が体調を崩し、タイの病院に二週間も入院したそうです。
が、現地の一番いい病院で、日本語の通訳がつき、個室に入院、
支払いはすべて保険から出たそうです。
留学保険は旅行先の店で物を壊してしまったり、
飛行場で荷物が遅れて到着し、そのため新たに荷物を購入しても
保障してくれるから安心だともおっしゃっていました。
もちろん、亡くなった場合も保障金が出るそうです。
やはり、転ばぬ先の杖です。
留学をする人は留学保健には必ず加入しておくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です