英語学習は赤ちゃんの頃から始めよう

多くの人が中学生から始めたであろう英語の学習。
なんだか抵抗があった…という人は多いのではないでしょうか。

語学は母国語だけを聞き続け、ある程度の年齢まで来ると、それ以外の言語を吸収するのが難しくなると言われています。
つまり、脳の発達が著しい子供のころ、それも赤ちゃんの頃から英語に触れさせることでその後の英語への感情がかなり変わってくるのです。

最近では、赤ちゃんの時から始められる英語教材がかなり増えてきました。
幼児英語教育のよさが浸透してきた良い結果ですが、その分親は「どれを選んだらいいのだろう?」と思うことが多くなるでしょう。
幼児英語教育の教材は「使ってみて判断」ではなく「できる限り情報収集してから使う」ようにするのがよいでしょう。
情報は相手からどんどんやってきます。ですが、その情報の波に押されて結論を急がないようにしましょう。
大事なのは、継続して学習できることです。親子で楽しく、余裕を持って英語学習が続けられるのが大切ですので、時間的にも経済的にも精神的にも自分たちにあったものを選ぶように心がけましょう。

そうして、幼児のころから英語学習をしておくことで、「英語は難しいものではない」ということが体に染みつきます。本格的な英語の学習が始まる中学で、これは大きな強みになります。
赤ちゃんの頃からの英語学習によって、英語は「生活の一部」となり、その後の英語学習も抵抗なく、自ら進んでできるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です