なぜ子供の頃から英語学習をしたほうがよいのか

今、子供向けの英語教材や英語教室が増えています。

みなさん、中学校などで英語の学習を始めたときに、妙に抵抗があったりしませんでしたか?
それは、脳がすでにある程度発達しているために普段自分たちが使っている言語以外の言語を受け入れづらい状態になっているからなんです。

英語を始めるのなら子供の頃から始めたほうがいい。それが最近では当たり前になってきていて、実際、幼稚園やそれ以下の年齢の子供に向けた英語教材や英語教室が多数あるのです。

では、どうして子供の頃から英語を学んだ方が良いのでしょう。

実は子供の頃、特に3,4歳まではあらゆる言語を習得する力があると言われています。
ですので、この頃までに日常的に英語に触れさせ、日本語を覚えるのと同じように英語をインプットしていくことで、英語が自然と身についていくようになるのです。
さらに、身についた英語を披露したり、カードなどの遊びを使って自分自身で使う(アウトプット)することで、より一層、英語が体に染みついていきます。

子供の頃から英語に慣れておけば、中学に上がった後に習っていく膨大な量の英語に出会っても、すでに自分は英語が読めるし書けるという自信から自ら進んで英語学習をしていくようにもなります。
中学に入ってから、また小学校高学年になってから「勉強」として英語を習うのではなく、子供の頃から「生活の一部」として英語に慣れ親しむことで、日本語と同じように英語を覚えられるようになっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です