英語の聞き流し、これって有効なの?

最近では、英語の学習方法に「聞き流す」という方法ができました。
しかし、この方法は誰にでも必ずしも効果があるというわけではないようです。

たとえば、殆ど英語がわからない初心者がBGM代わりに英語を聞き流しても効果は殆ど見込めません。それは本当に雑音に等しい状態になってしまいます。
意味のわからない英文を聞いていても身についてはいきません。それができるのは、おそらく赤ちゃんだけでしょう。

逆にある程度、英語に慣れている人が一度理解した英語を何度も聞き流す、というのは有効な手段です。
まだ少しわからなかったり、表現を忘れてしまったりしたらテキストを見ながら聞き、聞き取れるようになったら音声だけ、という風にしていくとよいでしょう。
ただし、一度聞き取れたからと次に進むのではなく本当に何度も「刷り込む」意識で、聞き流していくことが重要です。

そうして英語の力が身について、中級・上級者になってきたら、とにかくたくさんの英語を聞き流すととても効果的です。
ニュース番組や、映画、会話などの英語を大量に聞き流すと、いろいろな人の話し方のクセや応用表現などが自然と耳に入りますので上達に繋がります。

このように、英語の聞き流しはその人の英語のレベルによって効果が出る出ないがあるのです。
聞き流しで英語を学習する場合には、自分の英語のレベルを認識し、「聞き流す」のか「意識して英語を認識するか」を選択する必要があるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です